ブログ記事

Office365とAzure AD ConnectとSeciossLinkと。

2020/04/24

みなさま、こんにちは。

今回は、Office365を利用しているユーザが良く利用しているID同期ツール「Azure AD Connect」と、弊社提供のIDaaS「SeciossLink」との違いについてお話したいと思います。

Office365を利用するには、Office365側にアカウントを作成する必要がありますが、アカウント同期ツールとしてマイクロソフト社は「Azure AD Connect」というツールを無償で提供していますので、こちらを利用する方もいるかと思います。ただ、このツールを動かすWindows Serverが1台必要になるなど、いくつか考慮すべき点があります。

一方、SeciossLinkにもOffice365に対するアカウント同期機能があり、加えてフェデレーション機能や多要素認証、アクセス機能など様々な機能が全てセットになってサービスが提供されています。


「Azure AD Connect」はマイクロソフト社が無償で提供している、というメリットはありますが、Office365を単体で利用することも昨今では少なくなってきているのではないでしょうか?例えば、他のクラウドサービスも利用しており、シングルサインオンやアクセス制御をしたい、という状況になっていることの方が多い気がします。

Office365を既に利用している方や、これから導入を検討している方は、IDaaSの導入も検討しては如何でしょうか?クラウドサービスの導入が増えてきたので検討する、という状況ですと様々検討する事項があり、導入コストが増えるので、IDaaSを基盤として連携するクラウドサービスを増やしていく、という方法が結果的に低コストでスムーズかと思います。

最新記事

カテゴリ

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。