ブログ記事

統合ID管理って一体?

2019/06/28

今回は、一般的に「統合ID管理」と呼ばれる機能は、一体どのようなことができるのかご紹介したいと思います。

統合ID管理とは

統合ID管理とは、簡単に言ってしまうと、読んで字のごとく「統合的にID情報を管理する」ということになります。
複数のシステム・サービス(以下サービス)でバラバラに管理されているアカウント(ID)情報を、サービス個別に管理するのではなく一元管理してしまおうということです。
1つの源泉となるデータから、各サービスにIDを同期させることにより、源泉のデータを修正するだけでアカウント同期が行えるようになり、アカウントの流動的なライフサイクル管理・運用を効率化することができます。

統合ID管理機能を備えたツールには、以下の様な機能が備わっていることが多いです。
・ID管理
・アクセス権管理

ID管理

ID管理機能では、複数のサービスに登録されているID情報を統合的に管理する機能が備わっており、CSV,データベースLDAP,ActiveDirectoryなど様々なシステムからのインポートや、アカウント情報を複数サービスに同期が行えます。

アクセス権管理

アクセス権管理機能では、サービスへのシングルサインオンや、アカウントの認証方式設定などが行えます。

弊社提供のSaaSサービス「SeciossLink」では、統合ID管理機能により様々なシステムとの連携が行えます。
次回は、統合ID管理機能の連携についてご紹介いたします。

最新記事

カテゴリ

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。