ブログ記事

栄養管理の新スタイル!「NutriBullet Balance™」とは何か?

2017/11/16

多忙だからこそ、栄養管理は不可欠

忙しい日々を過ごす人たちにとって、共通の課題は健康の維持管理でしょう。それを実現するには、日々の食事を充実させることが基本ですが、簡単なようでいて、実現のハードルは存外に高いものです。

外食中心となれば、野菜などの植物性の食材がどうしても不足がちになります。また、食材の好みから結果的に栄養成分が偏ってしまうことも、多くなりがちです。

もちろん、サプリメントや野菜ドリンクなどで補うという選択肢はあるでしょう。ただし、高品質なサプリメントやドリンク類は、当然ながらかなり高価なものになります。

味も、必ずしも好みのものが見つかるとはいかないでしょう。良薬口に苦しとはいえ、おいしくないものは、習慣にはしにくいものです。

グリーンスムージーを習慣にしたい

味覚で楽しめる上に、不足しがちになる栄養素を手軽に補うことが可能なのが「グリーンスムージー」です。スムージーという名前からは、シャーベット状の飲み物を連想されるかと思いますが、グリーンスムージーは野菜や果実をそのまま使います。

材料とブレンダーさえあれば、手軽に作ることができるのも、大きなメリットです。ただ、無数にあるレシピから要望通りのものを探すこと、調達した材料を正確に計量することは、重要な作業なのですが、手間がかかるゆえに敬遠されがちな部分でもありました。

CES2016に出展され、発売中の「Perfect Blend™」は、進化したキッチンスケールです。スマートフォンのアプリケーションとの連動で、レシピ選択と材料の計量のアシスタントを行ってくれる、斬新なものでした。

グリーンスムージーを習慣にするには、非常に強力なツールです。ただし、これはあくまでキッチンスケールです。ブレンダーとしての機能は持っていませんので、調理にはブレンダーなりフードプロセッサーを用意する必要がありました。

使い手を選ばない、細やかな気遣い

今回発表された「NutriBullet Balance™」は、「Perfect Blend™」に、ブレンダーを加えたものと考えればいいでしょう。レシピも、100種類が用意されています。まずは、スマートフォンのアプリケーションを起動し、「NutriBullet Balance™」と接続します。

続けて、食生活のスタイルを22の分類から指定します。三大栄養素を高め・低めはもちろん、厳密な菜食主義やパレオダイエット、スポーツでのパフォーマンス向上、さらには子供向けと、多様な選択肢が用意されています。

さらに、レシピ検索上の留意点を指定します。これは主にアレルゲンとなる食材を含まないレシピに絞り込むためのもので、ピーナツ、木の実、乳製品、グルテン、大豆、鶏卵の6種類から、複数の指定が可能です。

その後レシピを検索すると、該当するレシピが案内されます。そこから希望のレシピを選ぶことで、材料名と分量が表示されます。同じページでは、栄養成分を確認することもできます。

感覚的に使え、調理の敷居は下がる

材料を用意し、大きさが指定されているものは、切りそろえます。計量は、スマートフォンの画面を見ながら行います。どのくらいの量が入ったかは、視覚的に表示されますので、キッチンスケールの数字とにらめっこする必要はありません。

全部の材料の計量が終わったら、そのままブレンダーを動作させます。スマートフォンには、ブレンドの残り時間が表示されますので、仕上がりの加減を気にしながら回す必要はありません。

この時に作ったグリーンスムージーの栄養成分は、スマートフォンにそのまま送信されます。栄養管理の、強力なサポーターとなることでしょう。アプリケーションには、オリジナルレシピの保存も可能ですし、スムージー以外のレシピも利用できます。

「NutriBullet Balance™」は、まさに未来形のキッチンウェア。情報通信機器と家庭電化製品は、次はどのような融合を見せてくれるのでしょうか。生活と直結しているだけに、期待が高まる分野です。

(画像は「Pixabay」より)

▼外部リンク

NutriBullet Balance 製品ページ
https://www.nutribulletbalance.com/

Perfect Blend 製品ページ
https://makeitperfectly.com/blend

最新記事

カテゴリ

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。